タイムレコーダーアプリは便利?メリットデメリットと選び方


タイムレコーダーアプリのメリットデメリット

従来のタイムレコーダーに代わり、スマートフォンや携帯端末で打刻ができるタイムレコーダーアプリが普及しています。タイムレコーダーアプリのメリットは、従業員が大人数であったり、社外で働く人の割合が多い職場の勤怠管理が容易になることです。特に外勤の方が多い会社では、直行直帰で仕事をしている従業員もいることでしょう。そのような方が社外から出勤・退勤申請ができれば、勤怠報告のために出勤する手間が省けます。また、打刻した瞬間に勤怠情報を社内で把握できるので、給与計算時にはメリットを感じやすいはずです。

対して、タイムレコーダーアプリのデメリットは、従業員全員がアプリを使いこなすのに時間がかかる場合があることです。社内外で使うことができるアプリなので、最初のうちはトラブルや操作に関する問い合わせなどが増え、対応に時間が取られるかもしれません。

タイムレコーダーアプリの選び方のポイント

タイムレコーダーアプリを導入する場合は、どんなデバイスで利用できるかを事前に確認することが大切です。特に従業員のスマートフォンを利用する場合は、対応機種が多い方が普及しやすいでしょう。自社でスマートフォンを貸与している場合は、導入済みのデバイスに対応できるかどうかどうかの確認が必要になります。加えて、従業員のITスキルにあったアプリを選ぶことも重要です。

さらに、タイムレコーダーアプリの導入段階では、アプリの機能も比較検討したいものです。特に重視したいのは、不正打刻を防止する機能です。位置情報の確認ができる機能があれば、勤務の始業と終業を適正に把握して、管理を徹底できます。

タイムレコーダーは、従業員の出勤状況を正確に記録するだけでなく、人事評価や給与計算などの目的で用いられることもあります。