貸倉庫を利用して使わない荷物を入れておこう


貸倉庫とはどのようなサービスか

一戸建てを所有している人であれば、庭の一部に倉庫があるような家もあります。倉庫には普段はあまり使用しないものを入れておくことが多いですが、貸倉庫も全く同じです。貸倉庫とは倉庫を一定の料金で借りて、そこに荷物を入れておくことが出来るシステムです。もちろん料金が掛かるために家の倉庫で事足りる場合には、倉庫を借りてまで使う必要はありませんが、家の中が物であふれている場合などは、断捨離の意味も込めて、倉庫に物を入れておくという方法もあるのです。貸倉庫には様々な大きさがあり、それにより利用料金も変わります。人が住居を借りる場合には、アパートやマンションを借りますが、貸倉庫とはそれと同じようなスタイルで借りることが出来るのです。

貸倉庫のさまざまな種類を紹介

貸倉庫にはいくつかの種類があります。一つ目は「コンテナボックス」と呼ばれるものです。コンテナの特徴として「屋外」に設置されているということがあります。見かけはいかにも倉庫と呼べるような状態です。便利なところはコンテナによっては、車をコンテナの目の前に横付けできるということです。

二つ目は「トランクルーム」と呼ばれるものもあります。コンテナとの大きな違いは、コンテナは屋外であるのに対し、トランクルームは「屋内」に設置されているというところです。屋内であれば雨漏り等の心配がないのが安心なところです。屋外型のコンテナでも頑丈に作られているので、雨漏りや結露の心配はあまりありませんが、水に弱いものや濡らしたくないものは、トランクルームのほうが適しているといえるでしょう。

3PLはサードパーティーロジスティクスの略です。荷主企業から委託された物流専門業者が、製品の運送や保管など、ロジスティクス業務を代行することを指します。