太陽光発電を今更始める?まだメリットは十分にあるの?


太陽光発電を始めるメリットは小さくなった

固定価格買取制度によって太陽光発電を始めるメリットがとても大きい状況がありました。当初は売電価格が高い水準になっていたため、土地を購入して太陽光発電システムを大々的に設置したとしても10年もあれば利益になるというのが一般的でした。しかし、固定価格買取制度自体は継続されていますが、売電価格は下がる一方になっています。そのため、当初に比べると太陽光発電を始めるメリットは小さくなったと言わざるを得ません。今更太陽光発電を始めるのは意味がないという議論もあります。しかし、今でもなお太陽光発電をするのにはメリットがあるので前向きに検討しましょう。

太陽光発電のメリットが大きい方法

土地を購入して事業規模で太陽光発電をするメリットはあまりなくなってきています。この方法でメリットを出すためには、いかに安い土地を手に入れるかが重要です。固定価格買取制度が始まった頃に、太陽光発電に適した広い土地が買われてしまったので、なかなか安くて発電しやすい土地が手に入らない状況があります。それでも優良な土地を見つけ出せたら、利益になる太陽光発電を始められる可能性がないわけではありません。

一方で、家庭用の太陽光発電の場合にはまだメリットが豊富にあります。家庭用の場合には設置に補助金を使えることがしばしばあり、設置コストを抑えれば利益になりやすいと考えられるからです。さらに太陽光発電によって生産した電気は自家消費して電気代を安くできます。エコキュートなどを利用し、電力会社との契約を見直すと費用対効果を上げられます。

一時期ほどの伸びはありませんが、現在の太陽光パネル設置は確実に増えています。そのため太陽光発電の価格も徐々に下がってより導入しやすくなっています